ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

一人暮らしでおすすめのペットは?大学生でも安心の癒されるペット!

今まで実家で暮らしていて、初めて一人暮らしするとなると、帰宅しても誰もいないというのは、やっぱり寂しい。一緒に過ごせる癒しのペットがいたら、帰宅するのも楽しみになりますね。でも、学生だとそんなに予算もないし、賃貸だと臭いとか鳴き声も気になったりしますね。大学生の一人暮らしでも安心して飼えるペットって何だろう?
一人暮らしだと、家をあけている時間も多いので、なるべく手間のかからないペットを選ぶ方がいいですよね。おススメの癒されるペットを紹介します。

SponsoredLink

大学生一人暮らしでも飼えるおすすめのペットは?

poh

☆金魚、熱帯魚

金魚や熱帯魚は、水温の管理をしっかりとしてあげれば、手間がかからないので、おススメです。筆者も熱帯魚を長年飼っていましたが、ヒーターを入れて温度管理はヒーターにおまかせで、時々水槽のお掃除をしてあげるぐらいで、手間が全然かかりませんでした。
金魚や熱帯魚も慣れてくると、水槽をコツコツって叩くと寄ってきたりかわいいですよ!
旅行の時などは、ゆっくりと溶ける固形の餌もありますし、水槽にセットしておけば、自動でその時間に餌をあげてくれるアイテムなどもあります。
臭いもほとんどないし、何よりも静かで、見ているだけでも癒されます。

*注意点:水温が高くなり過ぎたり、低くなり過ぎたりすると、病気になったり死んでしまったりすることもあるので、冬場はヒーター、夏場は、日陰において、室温が高くなり過ぎないようにしましょう。

☆ハムスター

ペットショップでも豊富な種類を取り扱っていることも多く、お値段も高くないし、ケースに入れて飼えるので管理も楽ですね。鳴き声も出さないですし、餌をあげるのも簡単!回し車を回したり、餌を食べる時の可愛らしい顔も見ていて癒されますよね~。ペット初心者にはお勧めのペットです。

*注意点:夜行性なので、夜に回し車を入れたままだと、カラカラと音がうるさい場合もあるみたいです。温度に敏感な生き物で特に暑さが苦手なので、夏場の温度管理はしっかりしてあげたほうがいいですね。後は、たくさん一度に同じケースで買い過ぎるとストレスで共食いなんて事もあるみたいなので、気をつけましょう。

☆うさぎ

臭いは、ほぼ無臭で、鳴き声も出さないので(種類によっては、鳴き声を出すものもいます)賃貸の一人暮らしでも飼いやすい動物で、人気があります。
うさぎは、お散歩の必要もないですし、人にもよく懐くと言われています。
トイレもしつけるとすぐに覚えてくれることが多いので、トイレのしつけも楽ですね。
ケージ飼いが基本ですが、ケージから出して遊ばせることが出来るもいいですね。
愛らしくて、ふわふわの毛をなでてるだけで、癒されそうですね。

*注意点
ケージから出すと、コード類をかじることがあるので、要注意!
壁紙などを歯でひっかいてしまうことがあるので、出しているときは注意をした方がいいです。温度に敏感なので、温度管理はしっかりしてあげましょう。
大きくなるタイプのうさぎさんもいるので、ペットショップなどで事前に相談するのが
いいですね。

☆カメ

カメもたくさんの種類がありますが、一人暮らしの賃貸なら、あまり大きくならない方がおすすめです。ミシシッピニオイガメという種類のカメは、成長しても最大甲長13-4㎝にしかならないようなので、一人暮らしでも飼いやすいですね。よく縁日で売っているミドリガメは、成長するとティッシュ箱ぐらいの大きさになるようなので、一人暮らしには、あまりおススメ出来ません。カメもお世話は、一日一回水を変えてあげることと朝晩の餌をあげる事ぐらいです。餌も数百円から売っているので、学生さんにもおすすめです。
慣れないのでは?と思われているカメですが、首をもちあげてこちらを見てくれたり、餌をもらえるのを覚えて反応したり、かわいいですよ~。

*注意点
餌の食べかすや糞が水の中に溜まりますので、お水は毎日変えてあげたほうがいいです。
種類によっては、ヒーターを入れたり温度管理もしないといけない種類もあるようなので、ペットショップでしっかりと相談してからの方がいいと思います。
カメはある程度大きく成長しますし、長生きするので、飼うときは最後までしっかり面倒を見てあげるという責任を持って飼ってくださいね。(最近、河川などに飼っていたカメを捨てる人がいて、問題視されています)

☆文鳥(鳥)

鳥と言うと、鳴き声などが近所迷惑にならないか心配という声も多く聞きますが、文鳥は、インコなどに比べると声も小さくさえずる程度なので、一人暮らしでも安心です。
雛から育てると、慣れて手に乗ってくれたりもしますし、小さくて愛らしくて、見てるだけでも癒されそうですね。

*注意点
雛を飼うなら、秋頃(10月頃)がおススメ。
ライトが明るいと眠れなくてストレスになるので、夜は布をかけるなどして暗くして
あげましょう。
雛にご飯を上げる時は、専用の物を使って少しずつ与えるようにしましょう。文鳥はくちばしがまっすぐなので、口の中に直接落とすようにしましょう。
水浴びが好きな鳥なので、水浴びが出来るように容器を入れてあげましょう。
寿命は、8-10年程度なので、飼う時は、10年以上きちんとお世話が出来るかどうかを考えて下さいね。

SponsoredLink

ペットと一緒に暮らす注意点

js

ペットは生き物ですので、どんなペットを飼うにしても最後まできちんと面倒を見るという事が前提です。寿命もそれぞれ違うので、自分が責任を持って飼うことが出来るかを考えて選ぶことが大切です。
ペットは、癒しを与えてくれる存在ですが、毎日のお世話もありますし、不潔にしていると人間と同じでストレスも溜まります。
家族と同じように、お世話をしてあげてくださいね。
心配なことがある場合は、ペットショップの人に環境やお世話の仕方などいろいろと
聞いてみるといいですよ!
賃貸の場合は、ペットの禁止のところもありますし、ペット可物件でも、飼える動物や数が決まっている場合も多いので、事前にきちんと確認しましょう!
一緒に暮らして、愛情もってお世話すると、どんな生き物でもそれに応えてくれますし、毎日帰るのも楽しみになりますよね☆

最後にまとめ

ペットと一緒の一人暮らしは憧れますよね。

ただ、上記で述べたように責任があります!

飼ったらしっかり面倒をみましょうね!

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top