ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

引っ越しの準備はリストが命!いつからやるべき?

いざ引っ越しをするとなると、わからないことが出てきたり、予定外の事が出てきたりして、思ったよりも時間がかかることがあります。いざという時に慌てないためにも、
ご家族の引っ越しなら2か月ぐらい、単身の引っ越しなら1か月前までには、準備を始めましょう!

SponsoredLink

引っ越しの準備っていつから始めればいい?
準備スケジュールリストでチェック!

sl

2-1か月前にすること

引っ越し業者に見積もりを出して、引っ越し業者を選定する
⇒引っ越しが多い春のシーズンだと、希望の日がうまってしまっているなんてこともあります。引っ越しが決まったら、出来るだけ早くに引っ越し業者を決めましょう。
今は、一括見積が出来るサイトなどもありますので、数社に見積もりを出してその中で決めるのがいいと思います。

管理人、管理会社、大家さんに退去することを伝える(自宅からの引っ越し以外の方)
⇒賃貸の契約書には、退去する前には「○か月前にまでには伝える」などの文が書いてあると思います。それまでにきちんと伝えないと、トラブルのもとになりますので、きちんと確認して、早めに伝えましょう。

転校届(お子様がいる場合)
不用品の処分などの検討
⇒粗大ゴミなどがある場合は、早めに自治体へ申し込みを
家電は、販売店への引き取り依頼をする
新しく家具や家電の購入予定をリストなどを作って、早めに探しておく
段ボールの確保と荷造りスタート

SponsoredLink

2週間~1週間ぐらい前までにやる事

 

電気、電話、水道などの手続き
⇒現在の住所での使用停止手続きと新しい住所での使用開始手続きをする。
インターネットからも出来るので、早めにやっておきたいですね。

インターネットの解約、契約手続き
⇒引っ越しが決まったらなるべく早くに、インターネットの解約や新しい契約をしておきましょう。
郵便物の転送届け
⇒こちらもインターネットからも申し込みが出来るので、早めにやっておきましょう。
市区町村での手続き
⇒転出届・・・役所にある転出届及び転出証明書に記入
国民健康保険(必要な方のみ)・・・返還をします。新しい健康保険は、新しく引っ越しする地区の役所に転出証明書を出した後にもらえます。
印鑑登録(必要な方のみ)・・・印鑑登録の廃止、新しく引っ越しする地区の役所で登録し直しする必要があります。
今使っている物以外を少しずつ梱包しておく
⇒最小限の物以外は、この時点でもう梱包しておくといいと思います。
銀行、保険、携帯、クレジットカードなどの住所変更手続き
新聞(必要な方のみ)
⇒新聞取っている人は、営業所の変更などをしておく

 

 引っ越し5日前~前日までにやること!

ご近所への挨拶
□挨拶の品の準備(お世話になったご近所と新居での挨拶品)
□冷蔵庫、洗濯機の水抜き
⇒冷蔵の中の製氷皿なども全てチェックして、水が入ってないか確認する。電源を抜く。
洗濯器も排水をして、電源を抜く
□ぎりぎりまで使っていた物の梱包
⇒ぎりぎりまで使用していた生活用品などを梱包する
□引っ越し当日自分で持っていくものの確認
⇒現金や通帳、貴金属などの現金や貴重品は、自分で管理し持っていく。

引っ越し当日にやること!

□当日まで使用していた荷物の整理と梱包。
□荷物を運び出した後に部屋の掃除とゴミ出し
□鍵の返却
□引っ越しの荷物の数を書き出しておく。大小いくつかも。
□新居の掃除
□新居での荷物整理など
□新居でのガス、水道、電気の開始
□新居で、荷物のチェック(数がちゃんとあっているかなど)
引っ越し業者への清算(こちらは、業者によって違うので、事前に確認しておく)

引っ越し後にやること

□住民転入届(転居先の役所にて)
□国民健康保険、印鑑登録(転居先の役所にて)
□運転免許の住所変更(転居先の管轄の警察署)
□車庫証明の手続き(転居先の管轄の警察署)
□転校の最終手続き(お子さんがいらっしゃる場合)
□ご近所へのご挨拶
□転居のご挨拶の送付
□犬の登録変更(転居先の市区町村)

最後にまとめ

引っ越しは、いろいろとやることが多くて、忘れてしまったりすることもあるので、
チェックリストでしっかりとチェックをして、余裕を持って早めに準備を開始しましょう!

 

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top