ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

おおかみこどもの雨と雪の裏設定や都市伝説がヤバい!

この物語は今話題のバケモノの子の細田守監督の作品です。おおかみこどもはネットなどでもいろいろ都市伝説があるのでは?この話は雪の嘘のかたまり!?などと色々ささやかれている作品でちょっと面白い作品ですあります。
その辺を少し掘り下げて検証してみようかなっと思ってます。
さてその結末は!!

SponsoredLink

おおかみこどもの裏設定や都市伝説!

126807

この物語でやはり気になるのは物語の語りが雪目線だという事なのです。その為かキツネの先生や動物園で産まれたオオカミと雨との会話も不明のままです。

キツネがどういうものなのか動物園のオオカミが雨に何を語ったのかもよくわりません。

雨に対してのエピソードはとても少なく語られていない事をみると雪が雨にたいしてあまり良い感情を持っていないのもうかがえます。
父や母についてのエピソードも花が語った事とされていますが、そこに花の理想や願望も含まれているかもしれないので真実かといわれてると疑問が出てきてしまいます。
結局この話は雪の話しか真実はないのかもしれません。雨自身の事、雨だけのことは雨自身が雪に語っていない以上花の想像でしかないのです。なので本当の雨の思いは全くの思い込みの可能性もあります。
逆に語り部が雪になっていることで、細かな部分を語らずに曖昧なままでも不自然ではない作りにもなっています。雨がどうやってキツネの先生に山の事を習ったのか、山での生活についても全くと言っていいほど描かれていません。

結局そのことについても雨は母にもほとんど語っていなかったという事になります。とても謎が多くあるこの物語。雨に思いなどは花の推測だけできっと母の理想を雪に語っていたなんてのもあるかも知れません。

この記事もオススメ!

→崖の上のポニョのその後のストーリが話題!

→かぐや姫の物語の都市伝説 タイトルに?

SponsoredLink

知っておくとさらに感動の秘話がこちら

知っている人も多いと思いますが、花がオオカミ男と待ち合わせにつかった喫茶店やバイト先のクリーニング屋は実在していて現在も残っています。

しかも花と雪と雨が生活した家も長野に残っていて中もそのままとなっているため映画を見たファンが聖地として見に来る人も多いんです。
私も見たことはないのですが、写真などの資料でみてみると全く同じなのでちょっとドキドキしますね。一度見に行ってみたいものです。
やっぱり注目してもらいたいのは、劇中に出てくる本棚の本!子供の成長とともに変わってくる本棚の本にも注目してみると面白いと思います。実際そのことについても細田守監督が語っています。
この物語では花はとても強くスーパーマンの様な存在に見えます。でも実際はそうではなかったのではとも言われています。語り部が雪であることで雪が母の弱い所を見たことがなかった。花は子供には見せてなかったともいえます。花は母親として子供には弱みを見せずに過ごしてきたのかもしれません。
子供の目線からみた花という母親。こういう風に子供に親の存在をみせられる。これが理想の母親かもしれません。

この記事もオススメ!

→サマーウォーズ2の映画公開の噂は本当?その後の展開が小説で公開!

おおかみこどもの雨と雪のあらすじと結末がスゴい!ネタバレ公開!

最後にまとめ

オオカミ子どもの雨と雪はとてもアンフェアな物語だと言われています。結局は雪の一方的な目線での話と、花が語った本当かわからない父とのエピソード。雨に対しての不振感やオオカミ子どもとしての苦悩。雨に対してのうらやましさ、など雪の思いも沢山含んで、語っているとすれば真実というよりは花や雪が思う理想のオオカミ子ども達の成長なのかもしれません。
雨の物語が少ないのも雪の雨に対する思いに繋がっているかもしれません。雨が親に内緒で動いていた部分については誰も知らないので語られないのは納得するしかありません。
そんなことを考えながらこの物語をみるのもちょっと楽しいかもしれませんね。

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top