ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

時をかける少女 千昭(チアキ)の正体をネタバレ!未来で待ってるを考察した結果!

時をかける少女は今話題のバケモノの子の細田守監督の作品。ある女子高生が理科室でくるみの様なものにふれてしまい気がつくと現実と思えないような所で浮遊している自分に気がつきます。あれと思っていると先ほどいた理科室に自分がいることに気がつきます。
その日の夕方商店街を自転車でかけぬける真琴。途中で自転車のブレーキが壊れそのまま踏切へ。運悪く自転車が電車に勢いよくはねとばされるはずなのに・・・気がつくと坂を下り前の人と接触して転倒している自分がいた!!その瞬間真琴は自分がタイムスリープしていることに気がつく。
なぜそんな能力が自分に芽生えたのか!!その結末は?
そして名シーン「未来で待っている」を考察し、千昭の正体に迫ります!

SponsoredLink

時をかける少女の千昭は未来人!?

hilk

千昭はちょっと不良っぽい感じの男の子。物語の中では千昭に真琴が告白されるシーンがありましたがそれも真琴自身タイムスリープすることで避けてお友達とくっつけるというシーンがありちょっとした恋愛要素もでてちょっと面白い展開になっています。
千昭が未来人か?という疑問ですが話が進むうちに謎がとけていきます。彼が言っている「川が地面を流れてるなんて初めて見た」「自転車に初めて乗った」「空はこんなに広い事はじめて知った」など真琴と同じ世界に生きているならこんな事は言わないかな。

違う世界からタイムスリップしてきたのかと予想されます。今現在で当たり前の光景が千昭は初めてみたと感動しています。そこから予測できるのは彼が今現在の世界よりもっと荒廃した世界に生きている可能性が高いという事です。

物語が進むにつれてだんだん明らかになっていく千昭の素性。この物語のキーパーソンでもある千昭。注目してみていると物語がちょっと面白くなりますね。

この記事もオススメ!

→崖の上のポニョのその後のストーリが話題!

→かぐや姫の物語の都市伝説 タイトルに?

SponsoredLink

最後のキスシーンはなぜ避けた!?

やはり気になるのは魔女のおばさん。彼女も高校時代いつか必ず帰ってくると約束してそのまま会えず現在まで独身で生活しています。

予測できるのは1983年に放送された時をかける少女の主人公芳山和子野成長した姿なのかなっと思います。名前も同じなのでそういう考え方もできるかなと思いますね。
あの絵を未来に残そうと修復作業をしている和子の姿が千昭に対して絵を残すと約束した未来の真琴の姿を投影しているようにも見えます。
千昭に恋をする真琴。その思いは時代を超えて生きている2人には遂げられぬ思いでもあります。それがわかっているからこそ揺れ動く2人の思い。未来で待ってる。うんすぐ行きく。走っていく。
そんな会話がこの最後のキスシーンがなかったことにつながる気がします。
会えるわけないけれど、でもあえるかもしれない。そんな思いを心に残し。未来で会いたい。今度あったらその時は・・・という思いがでているのかと私は感じでいます。とっても切なく感動的なシーンです。

この記事もオススメ!

→サマーウォーズ2の映画公開の噂は本当?その後の展開が小説で公開!

ちあきと真琴のその後の展開とは・・予想!

千昭と真琴は未来どうなるのか?個人的にはで会ってほしいけどうなんだろう。二代目の時をかける少女の真琴。一代目はうまくいかなかった思いを遂げてほしいという個人的な思いもあります。
物語では描かれなかったその後。どこかで会う事を私は望んでしまうのはわがままでしょうか?

最後にまとめ

未来を変えようとタイムスリープする真琴。過去へどうしても見たいものがあって現代にやってきた千昭。出会う事がないはずの2人が出会いお互い惹かれて行く。そのあってはならない現実に2人はどうやって立ち向かうのか、たのしみですね。

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top