ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

寄生獣 ミギーの最後結末はどうなるの?映画完結編の予想!

大人気漫画「寄生獣」の映画がテレビで地上波初放送されます!この映画は2部構成で完結編も映画化されるんですよね。

いやー私世代としてはたまらない作品なので楽しみ過ぎてしょうがありません!
おそらく30代前半の方々はわくわくが止まらないでしょうね。
で、2015年4月24日に放送される映画「寄生獣」なんですけどね。ある男の子の手になんと寄生してしまったのは「ミギー」という可愛らしい「寄生獣」。

そんなミギーに関しての記事を今回は綴っていきますね。
「寄生獣」ファンの方々は温かく見守ってください!

SponsoredLink

「寄生獣」の簡単紹介!

ks

映画版のあらすじから。

地球に突然高度な知能を持つ新種の寄生生物が現れた。その生物は人間の脳に寄生して肉体を乗っ取り、人間の文化や言語を学習。人間 として生活しながら他者を捕食する恐ろしい生き物だった。平凡な高校生の新一(染谷将太)もパラサイトに襲われ、右手に寄生されてしまう。自らをミギー (阿部サダヲ)と名乗るそのパラサイトは、お互いが生きて行くために共同生活を提案。頭脳は優秀だが感情を持たないミギーは、他のパラサイトの存在と殺気 を察知する能力を持っていた。仕方なくミギーと共に生活することになる新一だったが、母の信子(余貴美子)とガールフレンドの里見(橋本愛)は彼の行動を 怪しむようになる。
そんなある日、新一の学校に新任の教師・田宮良子(深津絵里)がやってきた。ひと目で新一にミギーが寄生していることを見抜い た田宮は、2人の共存生活に興味津々。計画的に人間を“狩り”、人間との共存を模索している仲間たちに新一とミギーを紹介し、自らが人間の子どもを妊娠中 であることを2人に打ち明ける。田宮は自分たちの仲間になるように提案してくるが、仲間の島田(東出昌大)は得体が知れず、警官に寄生しているA(池内万 作)は2人への殺意を隠そうともしない。遂にはAが直接攻撃を仕掛けてきて―!?
出典:http://tv.yahoo.co.jp/program/2285475/

うん、ほとんど原作と変わらないんですけどね。
ただ、母親が生きているのが不思議なんですけどね・・・

SponsoredLink

ミギーの最後って一体どうなった?結末は?

原作では、ミギーは眠らない存在だったんですけどね・・
最後は本当に感動作となっています。

まさに不朽の名作の最後といっても過言ではないでしょうね。
実は・・・
ミギーは永遠の眠りについてしまうのです。

そして感動のラストはスゴいです。
浦上という人間にガールフレンドを捕われてしまった新一。

ビルの上から落ちるガールフレンドを助けることが出来なかった新一は自分を責める・・

しかし、眠りについたはずのミギーの力?なのか右手はしっかりとガールフレンドの体を掴んでいた。

この感動のラストシーンは今でも語り継がれていて漫画の原作ではその右手のアップで終わりを迎える形となります。

感動の最終回、ミギーの最後の動画はこちら
→https://www.youtube.com/watch?v=M0CrtdXS4_M

寄生獣 完結編のラストシーン予想

今回寄生獣がなぜこんなにも注目を浴びているのかというと、
作り手であるスタッフさん、キャスト、原作の3つが最高な質を提供しているからなんですよね。

監督は永遠の0、ALWAYS三丁目の夕日でおなじみの山崎貴さん。
キャスト陣に至っては、若手有望株の染谷将太さん、橋本愛さん、東出昌大さん、深津絵里さん、阿部サダヲさんら注目の俳優陣をキャスティング。

原作も未だにファンが多く、名作として受け継がれている「寄生獣」となれば、注目度もあがります。

そんな方々が作る完結編の最後のシーンはやはり、原作を良い意味で超えてくれる感動の作品として世にもこしてくれるに違いありません。

原作でのあの名シーンをうまくリメイクして表現していってほしいですね。

この記事もオススメ!

→寄生獣の地上波初放送の視聴率は15%越え?感想とネタバレも!

最後にまとめ

最後に映画「寄生獣」。主人公の新一がどんどん性格が変わっていくのが魅力的だった原作のようにどんどん引込まれる作品に仕上がっています。

ぜひご覧下さい!そして感動を分かち合いましょう!

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top