ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

フラジャイル 森井の過去に何が?原作から徹底考察!

第1回目が放送され、長瀬智也さん演じる岸京一郎に武井咲さん演じる宮崎智尋が病理診断科で働く事を認めてもらう事ができました。今まであまり注目されたことのない病理診断はとても重要だけれど、臨床を行う医師ではないので、あまり患者には感謝されない医師であり、医者じゃないと思っていた智尋が岸と出会う事で病理の仕事の大切さやすごさを感じ医師として成長していく物語です。

現在連載中の漫画が原作のこの物語ちょっとこの先が気になりますよね。

SponsoredLink

フラジャイルの森井久志という人物って!?

242870

フラジャイルの中には病理技師として森井という人物もいて、ドラマでも何か影がある人物の様ですが、1話ではまだ伏線はあるものの、謎のままです。とても優秀な病理検査技師の森井ですが、原作でも優秀な病理検査技師であり、彼にはちょっとした暗い過去がありそうです。両親の都合で医大を中退しなくてはならなかった彼は、今でもその事を後悔している様子で、家庭の都合であってもそこは耐えられなかったのかもしれませんね。
原作では、とても優秀な検査技師であるのだが、本来いるべき人数で勤務していない為とても忙しく、言う言葉がとっても強めになってしまうタイプ、でも岸のフォローもしっかりできるとても優秀な人材です。
ドラマでは、一人で岸の相手は大変だから、柴崎の病理への勤務は歓迎している様子です。
原作とどう違ってくるのかそこもちょっと楽しみですね。

SponsoredLink

過去に何が!?原作から徹底考察!

ドラマではなぜ検査技師に?という質問に手に職をつければくいっぱぐれないから・・と語っています。医師のおまえにはわからないだろうけどな。という事もいっており、医師にたいして少し悪いイメージというか嫉妬心がありそうな気がします。実は彼は、医学部を目指しており大学時代は医学部にいた事がわかっています。

森井が3年の夏、家業の経営がうまくいかず、医大を中退します。その後壮望会第一総合病院の奨学金をうけて、臨床検査技師になります。家庭の事情とはいえ自分の夢をかなえられる目前まで行きあきらめざる得なかった森井の気持ちを考えると医師に対する思いは難しいものがあります。

自分の方が優秀なのに医師より下に見られる状況もある臨床検査技師、出世できない職人みたいなものだと言っている所から、イヤイヤやっている様子もうかがえるのがちょっと悲しい所です。

今後宮崎との関係はどうなる!?

ドラマでは宮崎を歓迎しているムードですが、どうなのでしょうか?医師にたいして多少のやっかみや嫉妬をもっている森井、臨床を行うのが医師だと思っていた宮崎が、岸のテストにパスして病理科で働く事になる宮崎です。その事に対して1話ではやっかみという感じはあまり感じられず、岸の相手を一人でするのは大変だからいてくれると助かるという口ぶりでした。今後助け合っていくのでしょうか?ドラマが原作通りなのか少しオリジナルがはいるのかはわかりませんが、2人の関係も今後の物語の重要な所になりそうですね。

最後にまとめ

1話目が終わり、ちょっと続きが気になる感じのドラマになっているのではないでしょうか?当初松本潤さんが主演という話から、長瀬智也さんへと変った点も少し気になる所でもあります。今後の展開が気になる所ではありますが、久しぶりの小雪さんの演技も見られるのも嬉しい所ですね。

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top