ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

流星ワゴン 6話ネタバレ 結末が変わる布石になると話題!

流星ワゴンファンにはたまらない回がやってきました。なぜかって?それは原作にはない回でそのストーリーの目的が現代の忠雄に検査をさせること!

これはリアルバックトゥザフーチャーになりそうな展開で原作の結末が変わってしまうかもしれません!

流星ワゴン 6話ネタバレを公開します!

ちなみに5話の感想はこちら

SponsoredLink

流星ワゴン 6話あらすじとネタバレ!

忠雄が現実世界で今にも死にそうな状態にあることを、とうとう本人に明かした一雄。 死の淵でなにか大きな後悔を抱いた忠雄の、やりなおしたいという強い思いが生み出した生霊…それが一雄の旅の中に現われた若い忠雄なのだ。後悔を消せない まま現実の忠雄が死んでしまえば、生霊の忠雄は永遠にこの世をさまようことになる。それを知った忠雄は、この時代の自分と接触しようと広島県福山市・鞆の 浦の家へ向かう。
しかしそれを知った橋本は一雄に忠告する。この時代の老いた忠雄と若い姿の忠雄、出会うはずのない2人が出会えば、時間の流れにゆがみが生じ、すべてが元に戻されてしまうと。これまでのやり直しの旅も無かったことになると知り、一雄は大急ぎで忠雄を止めに走る。
出典:http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/story/

 

さあ、6話は原作にもない特別回です!

これが何を意味するのかというと原作の結末とドラマ版の結末が大きくかわってくる可能性があるかもしれないってことです!

 

と、いうことは感動的なラストをドラマ版では期待出来るということに!これだけで流星ワゴンファンにはたまらないですよね。

 

6話では生き霊であるちゅうさんと現実世界の忠雄の対決が見所ですね。

なぜ、この2人が対決をすることになるのかというと、あらすじ通り、後悔を消せないままでは生霊の忠雄は永遠にこの世をさまようことになるから!

 

そしてその後悔とは、病気の検査を受けなかったことだと忠雄は悟る。

本当にそれが後悔だったのか?それとももっと他に後悔があったのではないか?

その点について推測してみます!

SponsoredLink

流星ワゴン6話での注目ポイント

skl

6話でのポイントは以下の通り

・現実世界の忠雄に検査を受けさせることは出来たのか?

・そもそも後悔とはなんだったのか?

この2点ですね。

・現実世界の忠雄に検査を受けさせることは出来たのか?

この回は原作には全くないオリジナルのストーリーとなっているため、完全な予測になってしまいますが、おそらく”その場”では出来なかったと推測されます。

 

予告でもあったように現実世界の忠雄は生き霊のちゅうさんが舌を巻くほど頑固で他人の言う事を聞かない正確。

そんな人物は今更忠雄や一雄の忠告を受け入れるはずがありません。

でもあくまでも”その場”ではの話。

 

今までの忠雄の行動を思い出してください。ことごとく一雄の期待を裏切っています。

例えば、黒髭危機一髪も買ってくれなかったのでなくて売り切れで走り回っていたこと。

銀行の件や同級生の飼っていたペットの件。

 

数々一雄の上を行く行動をしてきました。おそらく今回も検査を隠れて受けていて最終回でその真実が公開されるのではないでしょうか。

つまり現実世界の忠雄はキセキ的に生き返って生き霊のちゅうさんのように一雄の家族と親しく余生を過ごす。

こんなハッピーエンドが期待出来るかもしれませんね。

・そもそも後悔とはなんだったのか?

そもそも後悔とは検査を受けることではないです。

これはおそらくもっと特別な家族の絆に関することだと思います。

例えば、家族に謝るだとか・・・

一雄に会社を継いでほしいと懇願すること・・・だとか。

 

心温まる感動エピソードは間違いなさそうですね。

→ちゅうさんの名言まとめ!話題の台詞とは?

忠雄とちゅうさんの対決の結果は?

6話が放送されしだい、追記させていただきますね。

現実世界の忠雄に一泡吹かしてもらいたいですね。

最後にまとめ

原作にはない展開にかなり注目が集まっています。

この回次第で物語の結末が変わってくる可能性がありますから興味津々です!

現実は変われるんだってとこを示してほしいですね。

 

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top