ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

デスノートの漫画原作の最終回の最後結末が衝撃!ネタバレ公開!

原作をお読みの方々はすでにご存じかと思いますが、ドラマ版「デスノート」が原作とは違う結末を迎えるということなので、ここで原作版の結末をおさらいしましょう。

SponsoredLink

デスノート漫画原作の最後は!?

o

ライトとLの、死闘と呼んでもよいくらいの頭脳戦が、ぐいぐい読者を引きつけていた原作版「デスノート」ですが、Lが命を落とした後、その後継者として登場した、ニア・メロとライトとの戦いになります。

ライトは、自分が“キラ”だとバレないよう、ニセのデスノートまで用意。元検事や刑事を自分の味方として動かし、ニアをだまそうとしましたが、ニアはライトの作戦を見破ります。

二人の腹の探り合い。相手の裏をかけば、その裏の裏をかかれるという戦いでしたが、最終的に優位に立ったのは「ニア」でした。追い詰められたライトは、自分がキラだと告白します。

腕時計に仕込んだデスノートの切れ端に、ニアの名前を書いて殺そうとしたライトの腕を、仲間であった松田刑事が拳銃で撃ちます。取り乱したライトが、リュークに、「その場にいる自分(ライト)以外の名前を書く」ように指示しますが・・・。

さらにこの記事も見られています!

→デスノートのあらすじが話題!ドラマ版と原作の違いを比較した結果がヤバい!

SponsoredLink

ライトは最後どうなった!?

「ライトが死ぬときはリュークの手にかかるとき」いうことは、物語の最初の時点で(デスノートのルールとして)リュークからライトに告げられていました。

 

そして、最後の最後、ライトはリュークの手により、デスノートに名前を書かれ、死んでしまいます。

ただ、そのタイミングはライトの望むときではありませんでした。ライトの“負け”を確信したとき、リュークは手の平を返すように見限ったのです。

ライトの、恐怖と断末魔の叫びはすさまじいものでした。自分を“新世界の神”と呼び、デスノートを駆使して多くの犯罪者に鉄槌を加えたライトでしたが、“死”は彼の上にも平等に訪れました。彼が命を奪った人たちと同じように・・・。

この記事もオススメ!

ど根性ガエルの最終回アニメ版ってどうなった?ドラマ版は16年後が舞台!

リュークや L・ニアの結末とは?

Lの死は意外に早く訪れます。「キラを死刑台に送る」と宣言したL。
しかし、Lは、キラ=ライトという確信を持ちながら、証拠をつかむことができません。ついには、デスノートへ名前を書かれ、命を落としてしまいます。ライトが、デスノートのルールを駆使し、死神さえも手玉に取り、Lの本名を探り当て、「死神にLの名前を書かせた」のです。

Lとライトの戦いは、ライトの勝利という結果になりました。

Lを慕い、尊敬していた、ニアとメロ。Lの死から4年後、Lの後継者として、“キラ”ことライトを追い詰めていくことになります。戦いの結果は先ほど書いたとおりです。

最後の最後にライトに愛想をつかしたリュークは、約束通りライトの名前をデスノートへ書き込み、人間界から姿を消します。

最後にまとめ

「原作とは違う結末」のドラマ版。ライトVSLの戦いが軸になりそうなので、Lは最後まで生き残りそうな気もしますが・・・。そうすると、ニアの存在の意味は?
・・・原作ファンを失望させない結末になるのでしょうか?

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top