ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

37.5℃の涙 2話の子役の結衣役の須田理央ちゃんが可愛い!一体どんな子?

今回、桃子が訪問したのは、佐々木家。「おなかが痛い」と今までにも何度も保育園を休んでいる「結衣」を演じているのは須田理央ちゃん。5歳ながら、キャリアバツグンの子役さんです。

SponsoredLink

37.5℃の涙の2話はどんな内容だった!?

ighk

桃子が訪問した佐々木家で迎えてくれたのは、真理恵。おなかが痛いという娘の結衣のためにおかゆまで用意する優しい母親です。
しかし、結衣の腹痛は仮病。母親と一緒に居たいという気持ちが言わせた「ウソ」だったのです。

ある日、桃子は上司の朝比奈の家へ訪問することになりました。それまで桃子は知らなかったのですが、朝比奈は娘の小春と二人暮らしのシングルファザーだったのです。
しかし、朝比奈と小春の間には深い溝が・・・。毎日小春のために作っているお弁当を一度も食べてくれません。

桃子が訪問した日は、お弁当が二つ。誰かにお弁当を作ってもらったことのない桃子は嬉しくて泣きながら完食します。そんな桃子に驚いてつられるように小春も完食。初めてお弁当を食べてもらった朝比奈は大感激。事情を知っているリトルスノーのメンバーも驚きを隠せません。

結衣の家からは、何度も同じような依頼が来ます。朝比奈は、自分の家の事情を通し、「母親と一緒に居たいという一心でウソをついてしまう(病気のフリをする)」という子供の切ない心情を桃子に伝えます。

オオカミ少年のように仮病を繰り返していた結衣が、ほんとに具合が悪くなってしまいます。しかし悲しいことに、また仮病と思った真理恵は無理やり保育園へ。結衣は結局家へ帰されてしまいます。

結衣は、今まで言えなかったママへの想いを、泣きながら伝えます。そんな娘を思い切り抱きしめる真理恵。つながっているようですれ違っていた母娘の気持ちがひとつになったときでした。

この記事もオススメ!

→ドラマ デスノートのキャストが話題!ニア役が女性!原作と比較した結果

SponsoredLink

2話子役の須田理央ちゃんとは!?

仮病を使ってまで母親と一緒に居たい「結衣」を演じるのは須田結衣ちゃん。たくさんのドラマに出演している人気の子役さんですが、年齢はナント5歳!

お兄さんの須田琉雅(りゅうが)くん、須田瑛斗(えいと)くんも子役として活躍中。「極悪がんぼ」や「人生がときめく片付けの魔法」では兄弟で共演しています。

「Woman」では、今回同じ2話に出演している鈴木梨央ちゃんの幼少期を演じていました。「滑舌が悪い」という評判もありましたが、3歳前後ですものね。良い悪いという問題ではないとは思います。

さらにこの記事も見られています!

→デスノートのあらすじが話題!ドラマ版と原作の違いを比較した結果がヤバい!

代表作や役柄が話題!

ざっとあげるだけでも、以下のようなお仕事をなさっています。

・「八重の桜」(2013)西郷季(幼少)役
・「Woman」(2013)青柳望海 役
・「花子とアン」(2014)安東もも(幼児期)役
・極悪がんぼ (2014)天枝綾 役
・天皇の料理番(2015)秋山初枝 役

NHKの大河ドラマや朝ドラもすでに経験済。しかも、主人公の家族や身近にいるような人物という役どころ。既に堂々たる実力派ぶり。

最後にまとめ

話題のドラマに引っ張りだこの理央ちゃん。これからの活躍も楽しみですね。

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top