ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

無痛【ネタバレ】サトミの絵の意味とラスト結末が壮絶!

「教師一家事件」の犯人だと告白した南サトミ。彼女が描いた絵には、現場を実際に見たかのような描写が! 彼女は本当に犯人なのでしょうか!?

無痛の高島菜見子は生きてる?佐田の結末を原作から予想!

SponsoredLink

無痛のサトミの絵は何を意味表している!?

hilkn

サトミはスケッチブックを片時も離しません。しかも、自分の絵は、唯一心を許している臨床心理士の高島菜見子にしか見せません。

殴り描きのような不可解で暗い絵を描き続けるサトミ。その1枚には、教師一家殺害の犯行現場ソックリの描写が!

詳しいネタバレはこちら
→無痛 ドラマの原作の結末をネタバレ!犯人と共犯者がヤバい!

この記事もオススメ!

→ドラマ デスノートのキャストが話題!ニア役が女性!原作と比較した結果

SponsoredLink

サトミは本当に犯人なのか!?

南サトミは、崩壊かていで育ち、幼いころから情緒不安定でした。学校でも教師と衝突し奇声を発することも。彼女の行動は他の子供たちを刺激し、とうとう学級崩壊を招いてしまいます。

事件一家の石川さんは小学校教師で、サトミの小学6年生の頃の担任でもありました。学級崩壊を収めようとしていた最中、石川さんはサトミに向かって『お前みたいな奴は、統合失調症になる。』と残酷な言葉を不用意に投げかけました。

頭の良いサトミは、その病名について自分で調べ、将来を悲観し、症状が悪化してしまいます。統合失調症の症状である「幻覚」「妄想」が起こることを恐れるあまり、逆にその症状を求めるような状態になってしまったのです。自分から幻聴に耳を澄まし、無いはずのことを事実のように語る「作話」もそのころから行うようになったようです。

サトミを担当している菜見子は、「教師一家に罪をおかした」というサトミの告白も、「作話」の症状から出たものだとし、事実だとは思っていません。

しかし、事件の数日前に、石川さん宅にゴミを投げ入れるといういたずらをしたり、近所をうろついていたことは事実。その際、近づいてくる車を覆面パトカーと勘違いし逃げ出したときに、サトミは自分の帽子を落としてしまいます。

殺害現場には、その帽子が落ちていました。当初、犯人の遺留品だと思われていましたが、帽子のサイズがSなのに、犯人のものと思われる足跡はLL(27cmくらい)とアンバランス。ここで捜査は暗礁に乗り上げてしまいます。

しかし、犯行現場にサトミの帽子が落ちていたのは、真犯人による捜査かく乱のためだったのです。では、真犯人は誰!?

さらにこの記事も見られています!

→デスノートのあらすじが話題!ドラマ版と原作の違いを比較した結果がヤバい

原作から南サトミのラストをネタバレ!

一度は病院(原作では、精神障害児童施設)を抜け出し、行方不明になったのですが、白神院長とともに、アメリカからカナダへ渡り、院長の治療を受けながら、語学学校に通い、英語・フランス語を習得します。

カナダから菜見子へ送られてきた手紙には、国際弁護士を目指していると書いてありました。正しい敬語を使って、きちんととした文章で手紙を書けるようになり、将来への希望もしっかり持てるようになったという、目覚ましい変化を遂げています。

最後にまとめ!

冷静に考えて、サトミにあの犯行は無理、と思われるのですが、彼女の言動は、被害者と何らかの関わりがあることをにおわせています。第4話では、サトミの過去を知る人物が登場するようです。いよいよ、あの絵の謎が解かれることになるのでしょうか!?

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top