ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

破裂 【ドラマ】原作の結末をネタバレ!香村と倉木の関係がヤバい!

10月10日10時に始まる、NHKの医療サスペンスドラマ「破裂」。心臓外科医の香村と患者である国民的俳優の倉木の間には、医者と患者という関係だけでなく、別のつながりが!

無痛と偽装の夫婦の初回視聴率を注目した結果がスゴい!勝つのはどっち?

SponsoredLink

破裂の原作の内容をネタバレ!

vbn

心臓外科医である香村は、心不全を劇的に回復させる治療法を開発。しかし、動物実験の結果、一時的な回復後に心臓が破裂するという副作用が判明。

その副作用に目を付けた厚生労働省の佐久間和尚。実用化には時期尚早と考える香村を急かし、強引に治験を行うことにします。佐久間は、超高齢化社会の人口調整のため、PPP(ピンピンポックリ)を国策としようと、「プロジェクト“天寿”」を画策していたのでした。

元新聞記者の松野公造が医療ミスの症例を追っていくところから物語が始まります。

心臓の手術後に父親を亡くした中山枝利子は、匿名の告発文により、父の死が医療ミスによるものだと知ります。担当医師の香村鷹一郎を告訴する枝利子。

原作では、麻酔医の江崎を軸に、香村、佐久間、松野、枝利子の5人の行動が交錯して話が展開されます。

この記事もオススメ!

→無痛 ドラマの原作の結末をネタバレ!犯人と共犯者がヤバい!

→ドラマ デスノートのキャストが話題!ニア役が女性!原作と比較した結果

SponsoredLink

香村と倉木の関係とは?

原作に「倉木蓮太郎」という人物は出てきません。終盤 “国民的俳優”である仲倉蓮太郎という俳優が登場しますが、彼は副作用を承知の上で「夢の治療法(ペプタイド療法)」を受けたということになっており、佐久間の提唱する「PPP」を援護する役割となっています。

ドラマ版では、倉木は仲倉蓮太郎同様、“国民的俳優”となっていますが、「香村は倉木の隠し子」という重要な設定が加えられています。そのため、幼いころに自分と母を捨てた倉木を、香村は憎んでいます。

そんな香村の元へ、「夢の治療法」の被験者第一号として倉木は現れます。

心不全により引退状態にあった倉木は「死ぬ前にもう一度映画を撮りたい」という執念から、香村の治療を受けます。一時は現場復帰も果たせるほどに回復するのですが、その後、治療に重大な副作用があることが分かります。

香村は倉木を救うことができるのでしょうか!?

さらにこの記事も見られています!

掟上今日子の備忘録の原作から2人の恋の行方をネタバレ予想!

→デスノートのあらすじが話題!ドラマ版と原作の違いを比較した結果がヤバい

結末はどうなる!?

原作では、副作用を承知でペプタイド療法の手術を受けた老俳優は、突然死を前提とし、遺書を残していました。佐久間の提唱する「PPP」を肯定するその内容は、多くの老人たちの共感を呼びます。

佐久間は、日頃の無理がたたって、脳こうそくの一種である「閉じ込め症候群」になります。意識はあっても、四肢が麻痺して無言無動となり、寝たきりで余生を送ることになるという、皮肉な末路を迎えるわけです。

香村は、昔、死なせてしまった患者(枝利子の父親とは別人)の遺族から恨みを受け、雇われたころしやにより命を落とします。

最後にまとめ!

香村VS佐久間、香村VS倉木、ドラマ版は、この二つの対立が軸になりそうです。善と悪、天使と悪魔、そういうはっきりした区別ができないような複雑で重いテーマが含まれており、原作同様、見ている側に考えさせる内容になるでしょう。

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top