ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

鎌倉花火大会2015の日程と絶景穴場スポットはココがヤバい!

日本津々浦々、夏の風物詩といえばやっぱり花火です。それは古都・鎌倉でも同じこと。鎌倉花火大会は毎年12~14万人ほどの人出がある人気大会ですが、今年2015年はどのようになるんでしょうか…?

SponsoredLink

まずは基本情報から!鎌倉花火大会ってこんな大会!

lsm

2015年の日程ですが、去年のデータを参考にお伝えしますね。
昨年の花火は2014年7月23日(水)の19時20分~20時10分に開催され、打上数は約2500発。会場は鎌倉市の由比ガ浜海水浴場と材木座海岸の間の海中、40mほど沖合いでした。
ここは鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮からずーっと伸びる道路の先。JR横須賀線の鎌倉駅からは1.4kmほど離れています。最寄り駅は江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅、または「和田塚」駅で、どちらも徒歩5分ほど。駐車場がないので気をつけましょう。

この鎌倉花火大会の最大の見どころ、それは水中花火です。高速の船から海に投げ入れられた花火が海の中から半球状に開きます。真っ暗な水面から海上花火が見事に花開くんですね。
この海中花火、実は偶然から生まれたもの。ある花火職人が別の花火大会で見た、「打ち上げに失敗して海で破裂してしまった」花火の美しさに魅了され、努力と実験を重ねて水中花火を作り上げたそうです。
失敗は成功のもと。お見事です。

また連続花火であるスターマインと水中花火のコラボもあります。上に迫力のあるスターマインと、水面に水中花火の共演は圧巻です。

どこから見よう?鎌倉花火の穴場はここ!

鎌倉の海岸、夏の日中は花火大会に関わらず海水浴客が非常に多いところです。できるだけ良い場所で見たい…そんな時にはやはり有料席が確実です。

鎌倉花火大会では毎年有料席用意されており、席数は500席、税込5,500円で全席指定です。
場所の指定はできないものの、席の心配をせずに見ることができるので検討の価値アリです。
チケットは鎌倉市の観光協会公式ポータルサイト「鎌倉INFO(http://www.kamakura-info.jp/ )」から販売されますが、2015年分の案内はまだのようです。こまめに更新されているのでチェックしてみてくださいね。指定席はネットか電話で申し込みができます。

指定席はちょっと高い…場合は、頑張ってよく見える席を探しましょう。いくつかご紹介します。

☆材木座海水浴場(https://goo.gl/maps/0b2b5 )
花火会場の目の前なのに、西側の由比ガ浜海水浴場よりは空いているところです。海水浴客が由比ガ浜よりも少ないので、比較的人は集中しにくいんですね。バッチリ海上&空中花火を味わえます。できれば海水浴の時間帯から「しっかり居座る」ほうが場所取りとしては安心です。
江ノ電は由比ヶ浜駅から行く方が少しだけ近くなります。ただ、スムーズに移動したい場合は和田塚駅の利用がオススメです。

☆披露山公園(https://goo.gl/maps/EO0Ov )
打ち上げ地点からは南東に2.6kmほど距離がありますが、実は穴場スポットなのが逗子の披露山山頂にあるこの披露山公園です。高い場所から由比ヶ浜や江の島を一望できるので、海上の花火大会を見下ろす感じになります。人混みを避けてゆっくり花火を楽しみたいなら絶好の場所です。
逗子駅からバスで、「披露山入口」または「久木西小路」というバス停で降り、10~15分歩くと到着します。

☆由比ガ浜海岸の長谷駅寄り(https://goo.gl/maps/4ehgY )
由比ガ浜海岸は東西に広く、東の橋が打ち上げ場所なので、西の端である長谷駅よりの海岸は割と空いているポジションです。打ち上げ地点との距離は7~800mくらいなので、ほぼ由比ガ浜と同じ花火が見られます。こちらもできれば海水浴の時間から粘って待っていたいですね。
長谷駅は江ノ電の由比ヶ浜駅の東隣の駅です。

その他、海の家で当日予約をとれることもありますし、海岸近くのカフェや喫茶店で見る方法もあります。逗子マリーナからも綺麗に見えるそうです。

SponsoredLink

鎌倉花火大会の注意点!いい思い出の花火大会にするために!

もともと海水浴場である所での花火なので、人は集中します。おまけに駐車場は近隣にほとんどありませんから、「電車で動く前提」で行動予定を立てておきましょう。
小さいお子さん連れの場合、混むのを避けるならば花火終了を待たずに移動するほうが楽です。人の波がすぎるのを少し待って…という人は思うよりかなり多く、なかなか人がはけません。大人ばかりでの花火見物でも、フィナーレ後すぐ動けるように身支度を整えておきましょう。
また、とても残念ですがスリや置き引きの被害が起きやすいのも事実です。お財布や貴重品は絶対体から離さず、必要な物はあらかじめ買って用意し、花火中不必要に動かなくてすむようにしておきましょう。
忘れ物・落とし物・迷子にも要注意です。鎌倉警察署の番号は0467-23-0110。トラブルが起きたらすぐ連絡できるよう登録しておくのもオススメです。

あ、てるてる坊主の用意も忘れないで下さいね!

最後にまとめ

いかがでしたか?
この夏は鎌倉で思い出を作ってみてください!

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top