ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

足立花火大会2015 穴場スポットはココがスゴい!

明治時代に「千住の花火大会」として始まり、約100年の歴史を持つこの「足立の花火」、夏の花火シーズンのスタートを約1万2000発の花火で飾ります。では、2015年最初の花火大会、どこからどう見るのがいいんでしょう…今回もバッチリ調べましたっ!

SponsoredLink

まずは「足立の花火」を知ろう!場所は?時間は?特徴は?

lkmn

打ち上げられる花火は今や1万発を超え、「満開のしだれ桜」の連続打ち上げなどが有名な足立の花火。大会名物になったナイアガラももちろんあります。
日程ですが、残念ながら2015年の日程はまだ発表されていません。ただ、2014年が7月19日(土)に、またそれ以前の例年は7月最終土曜日の「2日前の木曜日」に開催されていますので、2015年は7月16日(木)または7月18日(土)になる可能性が高いです。

ちなみに、天候が悪い場合は順延されますが、2日連続すると花火そのものが中止されます。
打ち上げの時間は昨年通りなら19:30からの1時間。場所は北千住の荒川の南側河川敷です。60分間で1万発以上が打ち上げられるので、ぎゅっと濃縮された豪華な花火になります。

演目は全4幕に分けられていて、後半の第3・4幕は
「光の楽園(音楽花火)」…前半はゆっくりした曲で幅約300mのナイアガラを、後半は、曲に合わせて踊る花火を。
「驚愕の絶景(音楽花火)」…前半は優しく落ち着いた曲で春の芽生えを、後半からラストは足立の花火おなじみ「満開のしだれ桜」を「威風堂々」の音楽に合わせて。
となっています(去年の例)。音楽と花火のコラボが見事です。
打ち上げ幅が約300mもあり、それを目いっぱいに使った大会名物のナイアガラや、連射連発を何セットも同時に打ち上げるスターマインは他に例を見ない大迫力です。

SponsoredLink

穴場のオススメ観覧エリアはどこなの?

約60万もの人が集まる足立の花火、どこから見るのがベストなんでしょう?いくつかご紹介しますね。

☆虹の広場(http://goo.gl/nBJ4lG 千住新橋野球場そば)
河川敷の南側にある広場で、北千住駅からのアクセスが楽なところです。陸橋などで遮られはしますが、人気の南側の中ではわりとゆっくりと見られます。打上場所そばほどは混みませんが、相応の混雑は覚悟しましょう。

☆荒川西新井橋緑地…(Google マップ https://goo.gl/maps/7Iyif )
打ち上げ場所の対岸、少し西寄りの場所。実はここが一番のオススメスポットです。千住側は駅も人も多くて混雑してしまうので、河川敷が広いうえ人が少ないこちらが見やすいんです。足立の花火の一番の見せ場「ナイアガラの滝」が切れずに見られるのもいいところ。

☆屋形船
屋形船!?贅沢!と思うかもしれませんが、少人数でゆっくり見られますし、人数が揃えば貸し切りもできちゃいます。花火会場は個人所有のレジャーボートなどは立入禁止なので、年に一度くらいこんな贅沢でもありなのでは?
お値段ですが、去年の「船宿 あみ達 http://www.amitatsu.jp/hanabi/ 」様を例にしますと、大人:23,000円、小学生:11,500円(ともに税込)で、予約は大人2名から。30人集まれば一人あたり22,700円(税込、別途入場旗代)で貸し切りOKでした。
「足立の花火 屋形船」で検索してみるとたくさん出てきますので、ぜひご検討くださいね。

どんなことに注意して見に行けばいいの?

足立の花火は、他のイベントとは違うポイントがいくつかありますので、順にご紹介していきますね。

☆出店はありません!
イベントとしては珍しいのですが、会場内は出店禁止になっています。現地で買った美味しいものを食べながらの花火は残念ながらできません。食べ物飲み物は持参し、ゴミは必ず自宅まで持って帰りましょう。

☆場所取りはいつから?
なんと毎年1~2週間前から場所取りのシートなどが見られる足立の花火。ある程度まとまっていく場合、7月中旬には場所取りの様子を見ておきましょう。
上にまとめた穴場情報の2つ目、千住新橋上から左方向を見れば場所取りの状況が見えますから、確認して場所の確保を。当サイトの「花見 場所取りのコツ!正しいルールとマナーで楽しいお花見!」も参考にご覧ください。

☆当日何時にいたらいい?
周辺の駅は15時にもなるとかなり混雑して来ますから、早めに到着する事をオススメします。できれば場所取り要員を確保して、お昼のうちから交代で見張りの人にいてもらうと安心ですね。場所を取らない方も、15時をを目標に到着だけはしておく方がいいのではないでしょうか。

☆他特に注意することは?
・毎年スプレーによる場所取りが問題になっています。絶対にやめましょう!
・ゴミは必ず持ち帰りましょう。帰宅するまでが花火見物です!
・屋外の河川敷なので、虫除け・かゆみどめの薬は必須!
・腰を下ろせるシートは小さいものでもあったほうが便利!

最後にまとめ

関東での皮切りとなる花火大会、ぜひ存分に味わってきてくださいね~!

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top