ネタジャック!〜世界をネタでジャックするお洒落系ニュース〜

ゴールデンウィーク 2015年デートにオススメのイベント情報

お付き合いが長い二人も、付き合ってまだ日がたってない二人も、ある程度まとまった休みが取れるGWはデート先選びが楽しくなる時期です。今回は、関東、関西、東海の各地域で、おすすめのデート向けイベントをご紹介していきま~す!

SponsoredLink

【関東】少し遅めの花見と、各種展示会がおすすめ!

fmsl

関東も北の方に行けば、GW中にお花見ができるスポットがいくつかあります。まずはそちらのおすすめから。

☆茨城「沓掛峠のヤマザクラ群」(久慈郡大子町)
外大野、相川、そして上岡のしだれ桜が特に有名ですが、それらを含めた全部で27箇所もある花を見て回るだけで気分もリフレッシュしそう!近くには大子広域公園、少し移動すれば「花子とアン」のロケ地旧上岡小学校や袋田の滝も。周辺にトイレが少ないため、公共施設などで早めに。
公式サイト→「大子さくらマップ | 大子町観光協会」 http://www.daigo-kanko.jp/?page_id=4219
交通→JR下野宮駅からタクシー約12分
車→常磐自動車道「日立南太田IC」から約1時間

桜は綺麗だけど、あまり遠いのは…って場合なら、都内各所で開かれている展示会がお勧めです。
☆東京「大アマゾン展」(港区)
流域面積が世界一、そして長さも世界一といわれるアマゾン川を総合的に紹介する過去最大級の展示会です。展示品は約400点、アマゾン体感4Kシアターでは大型ビジョンでアマゾンの体感も可能。

会場では、KALDI COFFEE FARMとタイアップして、オリジナルのコーヒーが用意されています。ついでに上野公園でのんびりもいいですね。
公式サイト→大アマゾン展|TBSテレビ http://www.tbs.co.jp/amazon-ten/
交通→JR上野駅公園口から徒歩5分。都内のため公共交通がおすすめ。

SponsoredLink

【関西】混雑覚悟でUSJ?それとも幕末武士の貴重な写真展?

関西は定番どころのUSJでエヴァンゲリオンのイベントが。また、幕末に日本にもたらされた「カメラ」が収めた消え行くサムライたちの写真展もあります。

☆大阪「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」(大阪市此花区)
年齢・性別を問わずファンが多い大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」がUSJに登場!ここだけで見られる完全オリジナルストーリーがこの期間限定で上映される、エヴァンゲリオン「史上初の4Dアトラクション」です。

見たあとは、使徒をフードメニューとして食べられる「A.T.フィールド破 使徒まん」をどうぞ。
公式サイト→「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」 http://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2015/evangelion/?area=main3-1
交通→JR桜島線、東海道・山陽本線「ユニバーサルシティ駅」すぐ
車→阪神高速5号湾岸線「ユニバーサルシティIC」すぐ

 

☆京都「KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル2015『サムライの残像』」(京都市上京区)
フランス国立ギメ東洋美術館、ここは、ヨーロッパにおける東洋美術の殿堂。今回のフェスティバルは、この美術館が所蔵する写真コレクションが日本で初めて公開されるものです。日本にもたらされたばかりのカメラで撮影された「消え行くサムライたち」の姿が見られます。幕末歴史ファンなら是非。
公式サイト(PDF)→ http://www.toraya-group.co.jp/corporate/pdf/150219.pdf
交通→市営地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩約7分。駐車場が少ないため地下鉄かバスで。

【東海】篠山紀信の写真に圧倒される?藤の花の美しさに萌える?どっちがいい?

こちらのおすすめは、美術展での展示そのものが貴重な篠山紀信の写真展。そしてGWは藤の花が美しい時期なので、藤の名所のご紹介です。

 

 

☆静岡「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」(静岡市駿河区)
写真の第一線を走り続け、数々の写真家に影響を与え続ける篠山紀信。彼はこれまで美術館での回顧展を頑なに拒否し続けてきました。今回の展示は、50年間にわたり撮影してきた数々の写真を「写真力」という新たなストーリーをもとに世に問う個展です。「写真力」とは何か?美術館という空間でそれを問うてみてください。
公式サイト→「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」 http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2015/01.php
交通→JR「草薙駅」からバス約6分、または静鉄「県立美術館前駅」からバス約3分
車→東名高速道路清水ICより約16分、または静岡ICより約20分

 

☆愛知「五万石藤まつり」(岡崎市)
徳川家康生誕の地で、オカザえもんでも有名になった岡崎で行われるお祭り。公園の南側、乙川堤防沿いにある広さ1300平方メートルの藤棚で、花房が長く、見事な紫色の藤の花が広がります。 「岡崎市の花」でもある藤の花の甘い香りと可憐な姿に、沢山の人が集まるイベントです。葵武将隊のパフォーマンスも必見。
公式サイト→岡崎市観光協会 http://okazaki-kanko.jp/
交通→JR岡崎駅、名鉄東岡崎駅からそれぞれバス、愛知環状鉄道中岡崎駅から徒歩約10分
車→東名高速道路岡崎ICから約6分

 

この記事もオススメ!

→ゴールデンウィーク穴場スポット関東編

→ゴールデンウィーク穴場スポット関西編

→ゴールデンウィーク穴場スポット東海編

さらにこの記事も見られています!

→ゴールデンウィーク子連れでもオススメスポットはココ!

最後にまとめ

☆イベントは混雑必至!余裕持ちまくりのスケジュールで臨む!
☆道路状況・交通状況はラジオやネットで常に確認!
☆見て聞いて楽しむイベントが一番おすすめ!

素敵なデートになりますように!

SponsoredLink


SponsoredLink
SponsoredLink
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

世界を面白ネタでジャックする!新感覚情報マガジンNETAJACK(ネタジャック)
スポーツ、音楽、お笑いなどの思わず誰かに話したくなるネタをお届けします。!

Return Top